MENU

車を売る時の必要書類について

普通車を売却する際に必要な書類について。

 

自動車検査証

いわゆる車検証です。
自動車検査証は車内で携帯することが義務づけられています。
ほとんどの場合、ダッシュボードの中にいれてあるとおもわれます。
車検証をなくしてしまったり紛失した場合は、陸運支局で再発行してもらわないといけません。

 

自賠責保険証明書

自動車検査証と一緒に保管してる場合が多いです。
どこに保管しているか忘れてしまった場合は車検証と一緒に保管してあるかどうかを
確認してみましょう。紛失してしまった場合は、保険会社に問い合わせてみてください。

 

自動車リサイクル券

こちらも車検証と自賠責保険証明書と一緒に保管している場合が多いです。
必ず確認しましょう。
こちらは紛失してしまった場合は陸運支局などに端末機があるのでそちらで再発行することができます。

 

自動車納税証明書

毎年4月下旬から5月中旬に送付される納税通知書です。納税通知書の下部に、自動車税納税証明書がついています。
車検を受ける時にも必要になる書類です。こちらも車検証や自賠責保険証明書と一緒に保管している人が多いです。

 

印鑑証明書

自分自身の印鑑証明書が必要になります。市町村の役場等で発行してもらえます。
注意点で発行後3カ月以内のものを準備してください。

 

実印

実印が必要になります。
印鑑登録をしてある実印をもっていきましょう。

 

上記に記載した物が普通車を売却する際に必ず必要になるものです。
①~④までの書類は基本的にダッシュボードの中など、一括で保管してあるとおもいます。
よって個人で必要になるのは印鑑証明書を市役所などで発行してもらい3か月以内にもっていく。
その際に①~④までの書類と発行してもらった印鑑証明書と実印をもっていけば大丈夫です。

 

車を売却する際の手続きは基本的に業者に代行してもらいます。
よって委任状と車を第三者に譲渡することを証明する譲渡証も売却先が用意してくれますので安心してください。

 

上記の他に引っ越しや結婚等で住所や氏名に変更があった際は、市町村役場で手続きをしておかなければなりません。
住所変更があった際は住民票。
結婚などで氏名が変わった際は戸籍謄本。
必要な書類を交付してもらう必要があります。

 

以上が普通車を売却する際に必要な書類や手続きのやり方です。
基本的に最初に書いた①~⑥までの書類等をもっていけば問題はありません。
必要書類等が揃っていれば、あとは車を売却する業者などが手続きや代行をしてくれます。
詳しい説明を聞いて書類にサインをして承諾するのみです。

このページの先頭へ