MENU

車を売る時は下取りと買取どちらがいいのか?

お店に車を売却するとなると、大きく分ければ2つの手段があります。
買取もしくは下取りという2つがあるのですが、それは購入に関して大きな違いがあるのです。
基本的には購入が前提になるか否かが、主たる違いと言えます。

 

購入と引換えに車を売却する事になる

まず下取りですが、基本的には新しい車を買う事が大前提になります。売却だけで終了する訳ではありません。
そもそもディーラー店としては、基本的には車の販売に関する強みがあるでしょう。現に新車を購入した方々の大部分は、ディーラー店を利用しているのです。
そのディーラー店で車を買うことを前提にしていて、その代わりに今まで保有していた旧車を売却するという手続きになるのです。

 

買取は購入は行われない

それに対して買取の場合は、必ずしも新車を購入するとは限らないのです。確かに中古車ショップにて新しい車を購入しながらも、旧車を売却するというパターンもあります。
そうではなく、車の売却だけを行う事になるのです。この「新しい車を買うかどうか」という点は、買取と下取りの一番大きな違いと言えるでしょう。

 

売却額の大きさに関する違い

それで上記の2つはよく比較されるのですが、金額に関する違いはとても大きいです。
一般的には、ディーラー店の方が売却金額は低くなる傾向があります。と言うのもディーラー店の場合は、あまり売却に関して慣れていない傾向があるのです。
販売に関するノウハウは豊富でも、買取にはあまり慣れていません。
それに対して買取専門店の場合は、ほぼ毎日のように売却手続きを行っていますから、必然的にノウハウも蓄積されている訳です。
また買取店の方が、ディーラーと比べると取引先も豊富な傾向があります。したがって売却額に関する数字は、やはり買取店の方が高くなるケースが多いです。
ただ稀に例外はあります。ディーラーに何か特別な事情がある時には、専門店より高くなるケースもありますが、確率は低いです。

 

手間の大きさに関する違い

それと両者には、「買い替えの手間」に大きな違いがあるのです。ディーラー店の方が、基本的には手間は小さくなるでしょう。
買い替えを行うとなると、明らかにディーラーの方が手続きはスムーズです。
それに対して買取店の場合は、基本的には買取しか行っていません。
車の購入はまた別のお店で行う事になりますから、買い替えを目的にした時には、ディーラーよりは手間が大きくなるという違いはあります。
ただし、それもまた例外があります。人によっては親族が他界して車が不要になり、マイカーは不要なので、売却だけをしたいと思う事もあるでしょう。
その際には新車を購入しませんから、かえって車買取店の方が良い事もあります。

このページの先頭へ