MENU

改造車の買取査定額はノーマル車と比較して差があるのか?

売却する車が改造されている場合、もちろん買取査定額に影響が出ます。
買取価格が上がる改造は、メーカー指定の純正エアロやパーツがついていることが条件です。
トヨタであればTRD、ホンダであれば無限など、新車のカタログについているアクセサリーカタログに載っている範囲での改造であれば、査定額が上がる可能性があります。
主な加算点はフロントバンパーやリアスポイラー、サイドスポイラーなどのエアロパーツです。リアスポイラーだけなど、単体でも加算がありますが、フルエアロの場合は更に加算点が付きます。
純正仕様でもマフラーや吸排気系パーツ、足回りやECU関連など、10万以上もするパーツを付けていたとしても、査定額にはあまり影響がありません。
車内の内装についても、特別仕様車など特別な内装が施されている場合は査定額が上がる可能性があります。ただし後付けのシートカバーや車内ランプ、ミラーなどは査定額にはほぼ影響がありません。
ただしノーマルで鉄ホイールの車のホイールを純正アルミホイールに変えた場合などは加算点になります。
ヘッドライトもハロゲンバルブタイプの車を純正HIDライトに変えていた場合は、査定額が加算されます。

 

シートなどを社外品で改造し、たくさんのモニターをつけたり、スピーカーやウーハー、アンプなどを改造して車内に取り付けてあったとしても、査定にプラスになることはほぼなく、マイナスになってしまう事の方が多いです。
モニターなどをたくさんつけるにあたって、ナビも社外品としてしまうと、純正ナビよりいくら高価で高性能なものを付けていたとしても、純正品よりマイナスに査定されてしまう事にも注意が必要です。
査定額が上がる可能性がある改造は基本的にはメーカー純正部品を付けている事しかありません。社外品のパーツで固めてある改造車などについては、基本的には殆どマイナス査定になってしまうので注意が必要です。
特にタイヤなど、純正指定のサイズより大きなタイヤを履かせて高価なホイールをつけたり、スタッドレスやハイグリップタイヤなどの高価なタイヤを履かせていたとしても、査定時はタイヤの残り溝しか査定のポイントになりません。高価なタイヤを履かせていても、溝が少なければ査定はマイナスになります。
スポーツカーなどで社外品マフラーやエアロパーツ、内装のシートなどを改造していた場合は、基本的にすべてプラス査定にはなりません。マイナスになる要素の方が大きいと言えます。理由としては車高調などで車高が下がっていると車検が通らないなど、買い取った状態そのまま販売できない可能性があるためです。マフラーなども音量が大きすぎる場合はマイナスになってしまいます。

 

まとめると改造して加算点になるのは基本的に純正指定パーツであることです。そして基本的にはエアロパーツくらいしか加算にならないという事です。中身重視で改造したとしても、査定額には影響が少ないでしょう。
社外品での改造は全てマイナスととらえて問題ありません。純正パーツが残っているならば、売る前に純正パーツをつけて売却したほうが査定額は高くなるという事です。
仮にあるとすれば鉄ホイールをアルミホイールに替える事や、ハロゲンヘッドライトをHIDもしくはLEDなどに替える事ですが、社外品の場合は必ずしも加算になるとは限りません。
純正の状態が一番高く買い取ってくれることを念頭に置いておきましょう。

このページの先頭へ