MENU

車を売却したら還付される税金と内訳は?

車を売ろうと思っている方は、新しい車を買おうとか、車をほとんど使わなくなり、車は持っているだけで、車検や保険代や、税金、人によっては駐車場代がかかるので、売ってしまおうと思っている方だと思います。

 

実際に車を売った場合、税金は基本的には、買い取り金額に含まれています。
ですので、車を売った場合、基本的には税金が還付されるというよりかは、その還付される税金も買い取り金額に含まれています。
税金が戻る場合は、基本的には車を廃車にするときは、残っている税金に関しては還付されます。ではどんな税金が戻るかというと、車には三つの税金がかかっています。
自動車税(一年に一回自動車税がかかります)、重量税(こちらは車を買った時や、車検をするときにかかります)、取得税(車を買った時にかかります)この三つになります。

 

車を廃車にすると、残っている自動車税と重量税が戻ってきます。
基本的には月で計算されて残っている税金が還付されます。
取得税に関しては戻りません。また車を廃車にした場合は自動車の税金以外にも、強制保険の自賠責保険も残っている分が3か月以上あると戻ってきます。
自賠責保険は車を廃車にしたり等をしないと戻すことはできません。
ですので、今現状、車をいらなくて、ただ車検がまだ残っているからまだ持っておこうと思うのも分かりますが、早く売ることによって税金の還付が多いです。
また買い取り金額であれば、車検が多く残っている方が買い取り金額も高くなりますので、本当に要らないのであれば、早めに売ってしまうことが得です。
税金に関しては基本的に月単位になっています。特によくある内容としては、自動車税は毎年五月に届きます。
自動車税は一年分を先払いしています。例えば、五月に車を売った場合、自動車税をまだ払っていない方であれば、車を売った証明があれば自動車税事務所に行き、保有していた二か月分の自動車税の支払いですみます。

 

また税事務所に行かなくても、自動車税事務所から、再度通知がきて、一年分の請求ではなく二か月分の支払いができる書類が届いたりします。
また税金をお支払いしている人の場合、買取であればその分買い取り額をあげてもらったり、廃車の場合は、廃車後に還付されますので、税金の損得というのはあまりありません。
ここで言えることは早ければ早いほど、買い取り額が高くて、還付される額も多いということです。
車を今現状もういらないけど車検が残ってるからというよりか、車検が残っているから、早く売れば戻ってくる金額も増えますので、よく考えてみてください。

このページの先頭へ