MENU

車を高く売る為のポイント

車売却の手段には、複数あります。大きく分ければ3種類あって、下取りと単独買取の他に、一括査定という方法もあるのです。
そしてそれら3つは、よく金額的な要素が比べられる傾向があります。どれが最も高いか気になっている方々も、かなり多いです。
結論を申し上げれば、一括査定が最も高く売れる傾向があります。それには複数の理由があるのです。

 

下取りは金額は低くなりやすい

まず上記3つの中で、下取りはあまり期待できない一面があります。デイーラーの場合、総じて金額が低くなる傾向があるのです。
というのもディーラー店の場合は、売却の専門知識が豊富であるとは限りません。限られているケースが多いのです。
ディーラーの場合、車の販売に関するノウハウは、それなりに豊富な傾向があります。ですがそのタイプのお店は、買取にはあまり慣れていないケースも多いのです。
それに対して買取店の場合は、総じて売却のノウハウには長けている傾向があります。取引先の数も、ディーラーと比べると豊富な傾向がありますし、総じて売却額は高くなりやすいです。金額的な理由から、下取りは余りおすすめできないとの意見が目立ちます。

 

単独買取はディーラーよりは高く見込める

次に単独買取という手段ですが、少なくとも下取りと比べれば、金額は少々高めになる傾向があります。なぜなら交渉の余地があるからです。
そもそもディーラー店の場合は、なかなか交渉に応じてくれない傾向があります。たとえ買取店による金額を、ディーラーに掲示してみても、金額アップが発生する確率は低いです。ディーラーは、交渉には余り応じないという姿勢だからです。
ところが単独買取の場合は、交渉には応じてくれる事も多いです。交渉によって、金額が数万ほどアップする事例も、確かにあります。以前にディーラーで車の査定を受けていて、既に金額も伝えられているなら、単独買取のお店にそれを伝達するのも一法でしょう。

 

一括査定は高く売れやすい

しかしそれよりも、一括査定の方がおすすめという声が根強く見られます。なぜなら、それは複数会社の比較が前提になるからです。
そもそも車を高く売りたいと思うなら、やはり各社の金額を比べる事が大切です。1つのお店だけで判断しない方が良いのです。
例えばあるお店から提示された金額が、50万円台だったとします。しかし、それはそのお店だけの話です。別のお店ですと、話が少々異なってくる傾向があります。
なぜならお店によって、車に対する考え方もそれぞれ異なります。差し引き分の手数料に関する考え方も、各お店によって異なりますし、車の在庫もそれぞれ違うのです。
それで一括査定というシステムでは、原則として複数社を比べる事になるでしょう。1つのお店だけで決定する訳ではありません。各社を比べてみれば、高く売れるお店がどこか1つ見つかる傾向があります。最終的に、それで車査定の金額も高くなりやすい訳です。「比較をする」という理由により、一括査定では高額売却になりやすいのです。

 

例外的なケースもある

ただし、たまに例外もあります。そもそもディーラーでも、特定の車の在庫を何とか確保したいと考えている事もあるのです。取引先との都合があって、何とか特定の車を仕入れたいと考えている事もあります。
そういう状況ですと、ディーラーとしても柔軟に対応する事はあるのです。どうしても在庫を確保したいとなると、やむを得ず高い金額を提示しても問題無いと考えるディーラーも、中にはある訳です。それが理由で、買取専門店や一括査定よりは、金額が高くなる事もたまにあります。ただし確率は低いです。
これらを踏まえると、結局金額が一番高くなりやすいのは、一括査定とは言えるでしょう。ただディーラーも例外はありますから、やはり複数手段で車査定を受けるのが良いです。それで最も高く売れるお店に対して、売却すれば良い訳です。

 

車を高く売る為の交渉術とは

車を売るとなると、交渉が行われる事がしばしばあります。交渉で、金額アップが生じる事は確かにあります。
様々なポイントはありますが、要点を抑えておけば、交渉が成功する事も意外と多いです。

 

アピールポイントをまとめる

まず車の長所をまとめておく事です。確かにお店側としては、様々な基準で車の状態は確認する事になります。
しかしそれでも、たまに見落としが発生する事もあるのです。売却主から思わぬ点が指摘されて、金額が高まるケースも稀にあるのです。
例えば人気色に関する要素です。一般的に白や黒の車などは、総じて金額も高くなる傾向があります。人々から大人気なカラーだからです。したがって色に関する魅力を買取店に伝えて交渉をしてみると、金額が上がる事もあります。
何も色だけではありません。普段から大事に使っていた事をお店に伝えてみると、交渉が成功する確率も高まる傾向があります。
このようなアピール要素を、自分なりにまとめておくと良いのです。メモ帳などを用いて、随時アピールポイントを書き出しておくと良いでしょう。

 

相場額を伝えて交渉する

それと、やはり相場に関する数字です。具体的な売却数字は、やはり自分なりに抑えておく方が良いのです。
例えば車買取店が、査定額は30万円台と伝えてきたとします。もしもこの時に他社の相場の数字を知っているなら、それを30万のお店に伝えてみると良いのです。「相場の40万円台より低いので、他のお店に売却します」などと伝えてみると、大抵は少し考えた末に、売却額を高めにしてくれます。
昨今では一括査定なども含めて、相場を便利に知る事ができるシステムもあります。様々な手段を用いて、自分なりに相場は知っておく方が良い訳です。それは交渉の有益な材料になるからです。

 

すぐに売る姿勢を伝える

また直ちに売却する姿勢も、実は交渉を有利に進める傾向があります。
そもそも車買取のお店としては、1日でも早く買い取りたいと考えている事が多いのです。様々な営業目標などの兼ね合いがあるからです
したがってお店の担当者に対して、直ちに車を売るつもりです等とアピールしてみると、交渉成功率も高まる傾向があります。

 

車を売る時に買取アップさせる方法

買取金額を高くする為のポイントは、いくつもあります。総じて事前準備や相場把握などが、主たるポイントと言えます。

 

掃除とお手入れの重要性

そもそも車買取では、やはり状態などはそれなりに見られる事になるのです。掃除などは、行っておくに越した事はありません。
特に車に対して強い臭いがある方々は、それは大切です。あまり強い臭いが立ちこめている車ですと、どうしても売却額が下がる傾向があります。タバコなどは要注意です。それを考慮すれば、やはり掃除は行う方が無難なのです。
何せ掃除をしておくと、お店の担当者に対する印象も良くなります。売却額は印象1つで変わってくるケースも多いですから、やはり掃除はしておくべきでしょう。

 

相場は把握しておく

それと車の相場金額の把握です。車売却を行う時には、お店の担当者とやり取りをする事になりますが、そこで金額交渉をするケースも多々あります。
その際に相場が分かっているだけで、随分と交渉が有利に進められる傾向があるのです。逆に金額が分かっていないと、ちょっと不利になってしまう場合があります。自分なりに相場のリサーチを行っておくと、買取金額もアップしやすいです。

 

早めに売ると良い

それと売る早さも、1つのポイントになるのです。そもそも車の売却額は、時期とともに変化する傾向があります。あまり長い月日が経過してしまうと、総じて売却額は低くなりやすいです。
特にモデルチェンジは要注意です。それが行われてしまうと、どうしても車の売却額は下がりがちです。モデルチェンジの噂が浮上するだけで、車の売却額が下がってしまう事例もある位です。
また車を長く使い込んでいれば、だんだんと老朽化も進んでしまうでしょう。年式が重なってしまえば、それだけ買取金額も下がりやすくなります。
それゆえに、できるだけ早めに査定を受ける事も、買取金額をアップするポイントになるのです。

更新履歴
このページの先頭へ